【全て話します】月収●●万円!?副業でウーバーイーツをやったらどれくらい稼げるの?

月に3万円の小遣いで不平不満を漏らしているサラリーマンは世に溢れかえっている。

 

そこで副業としてウーバーイーツを思い浮かべる人は少なくないだろう。

 

そんな彼らは思うのだ

 

「副業でウーバーイーツやったらいくら稼げるんだろう」

 

f:id:maato0721:20210531163145j:plain

 

そこで今回は、配達回数9000件オーバーの現役の配達員である私が、副業でウーバーイーツをやったらいくら稼げるのかについて詳しくお話ししていこう。

 

・副業でウーバーイーツやったらいくら稼げる?

 

稼働時間によるためなんとも言えないが、週5回、1日3時間稼働するなら、普通で6万円くらい、調子が良くて8万円に届くかどうかと言ったところだ。

 

今の料金体型、注文の入り具合から考えると、副業の範囲ではこれ以上稼ぐのは難しいだろう。

 

・少しでも多く稼ぐためには?

 

その額でも年間で考えれば60万〜80万稼げる訳で、十分と言えば十分だろう。

 

だが、中にはもっと稼ぎたいと言う人もいるかもしれない。

 

そう言う人は以下の2点に注意するとより高額の報酬が得られるようになるかもしれない。

 

1 クエストを達成できる額に設定する

2 土日に稼働する

 

順に解説していこう。

 

1 クエストを達成できる額に設定する

 

エストは配達回数によりもらえる額が変化する。

 

当然多く配達すればするほど高い金額がもらえるわけだが、専業ではない限り無理は禁物。

 

確実に取れる回数に設定し、追加の報酬をもらおう。

 

1日3時間、週に5日稼働だとしたら、良くて50前後のクエストが妥当だろう。

 

安全策を取るなら40前後まで下げても良いかもしれない。

 

2 土日に稼働する

 

平日は休み、土日に一気に稼働するのも稼ぐための1つの手段だ。

 

理由は以下の2つによるものだ。

 

これにより稼げる理由は以下の2つだ

 

1 ピークタイムに稼働できる

2 より高い週末インセンティブを狙える

 

順に解説していこう。

 

1 ピークタイムに稼働できる

 

昼間働いている人が平日に稼働するなら恐らく19時か20時くらいからになる。

 

これだとピークタイムから微妙にずれており、オーダーを取りこぼしてる可能性が高い。

 

土日に稼働すれば、朝、昼、夜のピークタイムを確実に取ることできる。

 

2 より高い週末のインセンティブを狙える

 

平日3時間稼働なら、クエストは取れて4000円前後が妥当だろう。

 

週末ガッツリやるなら、クエストマックスの70回前後、報酬で言う1万円前後を狙うことができる。

 

・副業ウーバーイーツで月に10万円稼ぐことは可能?

 

「ウーバーイーツの副業で10万円!」みたいな話が話題に上がるが、果たしてこれは可能なのだろうか。

 

結論から言って、稼働の時間を伸ばせば達成は可能だ。

 

時給1000円前後と考え、週に30時間前後稼働すれば達成できると思う。

 

具体例として、稼働時間を週に5日、1回の稼働時間を5〜6時間にすれば行ける計算になる。

 

週末だけ稼働するなら土日15時間ずつ稼働する計算だ。

 

これらにクエストの報酬が加算されれば10万円達成は可能だ。

 

ただ、17時くらいまで本業を行い、19時から24時、25時くらいまでウーバーイーツをやるのは体力的にかなりきついものがあると思う。

 

しかも、これからの時期はその時間帯は本当に寒い。

 

そう考えると、今の報酬体型で副業としてウーバーイーツで月10万というのはあまり現実的な額ではないことがわかるはずだ。

 

・まとめ

 

ということで、今回は副業でウーバーイーツをやるといくら稼げるのかについてお話ししてみたがいかがだっただろうか。

 

副業ブームの今、ウーバーイーツは手軽に始められる副業として注目を浴びている。

 

月に5万収入が増えれば生活にかなり余裕が出る。

 

3万でも良いかもしれない。

 

専業、副業、どちらでも各々の目的に合わせ、無理のない範囲でウーバーイーツを活用すると良いだろう。

 

今日はここまで。

 

【スリコ大歓迎】目から鱗!?ウーバーイーツの配達料金が300円になっても損失を抑えて稼ぐ方法

最近、ウーバーイーツの報酬がほぼ全て300円で固定されてしまった。

 

新料金改訂直後はピックアップ先までの距離も報酬に加味されるとかで、何やかんや今まで見たこともないような高報酬にありつけることもあったが、今は何キロ先へ配達へ行っても300円だ。

 

エストを除外した時給で考えると、注文が入らない時は300円前後になってしまうことも珍しくないだろう。

 

「どうにかして少しでも時給を上げたい」

 

どの配達員もこう思っているに違いない。

 

もちろん、私もその気持ちは同じだ。

 

そして、色々と試行錯誤してみた結果、配達料が300円になっても、損失を最小限に抑えて稼ぐ方法を見つけたためご紹介しよう。

 

結論から言うと、方法はただ一つ

 

ショート以外配達に行かない

 

これに尽きると思っている。

 

私の場合、1.5km以上先へは配達に行かない。

 

この案件が回ってくるまでひたすらオーダーを拒否しまくるのだ。

 

これをすることで、移動距離減らして、配達回数で報酬を担保しようと言う考えだ。

 

実際、これをやるとどれくらいの件数いけるのか丸1日ウーバーイーツにログインして検証してみたのだが、結果は配達回数40件を超えた。

 

新料金改訂前は同じくらいの時間ログインして30件前後がマックスであったことを考えると、配達の効率はかなり上がっていると言える。

 

金額で言うと、3000円近くは損失を抑えられている計算になる。

 

たかが300円と思うかもしれないが、10日稼働したら3万円、100日稼働したら30万円の差が出るわけで、結構でかい額だと思っている。

 

こう言うことを言うと、恐らく、「それが出来たら苦労はしない」と言う人が多数いるだろう。

 

その通りだ。

 

これが出来たら苦労はしない。

 

私も以前中都市で稼働してみたことがあるが、オーダーはどれもこれも3km以上のものばかりであり、1.5km前後のオーダーなんてほぼ回ってこなかった。

 

都内なら尚更こんな短距離案件は回って来づらいだろう

 

だが、日本には確実に存在するのだ。

 

配達距離0.5km、1kmなどと言った超ショートの配達がガンガン回ってくるエリアが。

 

 

f:id:maato0721:20211125080302j:plainf:id:maato0721:20211125080253j:plain

 

f:id:maato0721:20211125080300j:plain

 

f:id:maato0721:20211125080246j:plain

 

 

言ってしまえば、ショート以外取らないと言う戦法が通用するのは、回ってくるオーダーのほとんどがショートであるエリアである必要があると言うことは言うまでもない。

 

やはりこのようなエリアはかなり特殊なエリアであるため、各地域に、否、日本にどれくらい存在するのかと言うレベルに希少だ。

 

このようなエリアにありつけないようなら、正直言って今ウーバーイーツで大金を稼ぐのはかなり難しいと考えた方が良い。

 

今は出前館、menu,最近ではdoor dashも勢力を拡大してきているため、それらに期待した方がいいだろう。

 

かつてはウーバーイーツで月収100万円稼ぐ人などが紹介されていたが、今となってはそんなのは夢のまた夢の話となってしまった。

 

私自身、売り上げは去年より2割近く減っている。

 

これが以前の水準にまで戻る日は、恐らくもう2度と来ないだろう。

 

自分がフードデリをやっている理由は何なのかを今一度問いただし、ウーバーイーツに固執することなく、自分のライフスタイルに合った業者を選択するのが最適解である。

 

今日はここまで

 

 

あなたに合う稼働方法はどれ?各車両のメリットとデメリットを大公開〜車、歩き編〜

前回、前々回と車両を自転車、バイクに選択した場合のメリット、デメリットについてそれぞれお話ししてきた。

 

今回は最終回、車両を車に選択した場合、そして車両なしの歩きを選択した場合のメリットとデメリットについてそれぞれお話ししていこうと思う。

 

・車のメリットは?

 

車のメリットは、バイクのメリットに加え、「楽」これに尽きる。

 

暑くても冷房が効くし、雨の日でも雨に打たれることがなければ北風に凍えることもない。

 

もちろん疲れることもない。

 

まさにウーバーイーツにおける最強の車両と言っても過言ではない。

 

・車のデメリットは?

 

車でウーバーイーツをやるデメリットは以下の2つだ。

 

1 登録がめんどくさい

2 遠くに飛ばされやすい

 

順に解説していこう

 

1 登録がめんどくさい

 

車で稼働する場合は事業車用登録をしなければならず、その手続きに少々手間がかかる。

 

そんなに難しいものではないが、自転車やバイクがサクッと稼働を開始できることを考えると手間と思えて仕方がない。

 

2 遠くに飛ばされやすい

 

ウーバーイーツのAIは配達員が何の車両を使っているのかを判断し、配達を割り振っている。

 

そのため、車はピックもドロップもとんでもなく長い案件がどんどん回ってくる。

 

そうすると、気づいた時には当初稼働していたエリアから数十キロ離れた先まで来てしまっていることも珍しくはない。

 

多少良い報酬をもらえるならまだいいが、最近は車も報酬が300円なので、遠くに行ってもそこまで甘い蜜を吸えないのが現状だ。

 

かと言って、車は近場の配達が回ってくるわけではないので、稼働時間と報酬が釣り合わなくなることが多くなるだろう。

 

・今話題!歩きで配達する”ウーバーウォーカー”のメリットとは?

 

最後に、最近始まった歩くウーバーイーツ”ウーバーウォーカー”のメリットとデメリットについてご紹介しよう。

 

・ウーバーウォーカーもメリットは?

 

まずウーバーウォーカーのメリットだが、メリットは以下の2つだ。

 

  1. 費用がかからない
  2. 散歩感覚でできる

 

順に解説していこう。

 

1 費用がかからない

 

歩きの場合、体さえあれば即行で稼働することができる。

 

また、自転車と違って危険が少ないため、バッグを持っていなくても手持ちでドロップ先まで運ぶことも可能だ。

 

まさに初期投資ゼロの稼働が可能であることを体現していると言える。

 

そのため、何らかの理由でスマホ以外全てを失った人でも稼働ができる。

 

2 散歩感覚でできる

 

先ほど、ウーバーイーツのAIは選択した車両によって配達を振り分けると言ったが、歩きの場合もこれに当てはまる。

 

歩きの場合、基本的に1km以内のショートしか回ってこない。

 

そのため、配達先はほぼ近所に限定されるため、散歩感覚での稼働が可能となる。

 

私の稼働エリアでは、家族みんなで歩いて配達をしていたり、おじいちゃんが走って配達をしている姿がよくみられる。

 

ただし、食品を扱っているため、ペットの散歩ついでというのはやめた方がいい。

 

・ウーバーウォーカーのデメリットは?

 

歩きの配達のデメリットは何と言っても回数を稼ぐのが難しいという点だ。

 

時間的な問題もあるが、それ以上に体力的な問題が大きい。

 

恐らく、1日15件くらい配達したら足がとんでもないことになるだろう。

 

歩くウーバーイーツは小遣い稼ぎとして捉え、稼ぐなら自転車、バイク、車を選択しよう。

 

・必ず選択した車両で稼働しよう

ウーバーイーツのAIは選択した車両によって配達を振り分ける

 

中には、これを利用して、車両を「歩き」で登録し、近場のオーダーだけをもらえるよにし、実際は自転車で稼働している配達員がいる。

 

確かに名案ではあるが、残念ながらこれは即行でバレる。

 

と言うのも、配達員の動きは常にGPSで監視されており、歩きをはるかに超えるスピードで動いていたら当然怪しまれることになるのだ。

 

ウーバーイーツの場合、不正は即行でアカウント停止になるため要注意だ。

 

・まとめ

 

3回に渡り各車両のメリットとデメリットについてお話ししてきたがいかがだっただろうか。

 

私の場合は自転車しか持っていないので仕方なく自転車で稼働している部分があるが、車、バイクを持っている人は一通り試してみるのも悪くはないだろう。

 

ぜひ自分の性格、ライフスタイルに合わせて最適の車両を見つけて欲しい。

 

今日はここまで。

 

あなたに合う稼働方法はどれ?各車両のメリットとデメリットを大公開〜バイク編〜


前回はウーバーイーツをやるときに自転車で稼働するメリット、デメリットについてお話しした。

 

今回はバイクで稼働するメリットとデメリットについてお話ししていきたいと思う。

 

まず、バイクで稼働するメリットは以下の2つだ。

 

1.ロングの配達を受けることができる

2.疲れない

 

順に解説していこう。

 

1.ロングの配達を受けることができる

 

バイク最大のメリットだ。

 

自転車でもロングを受けることは可能だが、体力的な問題、時間と報酬の観点からどうしても割りに合わなくなることが多い。

 

しかも、最近は何キロ先まで行っても報酬が300円であるため、なおさら割りに合わない。

 

バイクはこのマイナスポイントを完璧にカバーすることができる。

 

しかも、ロング案件はオーダーがたらい回しになり残っていることも多いことから、オーダーが入りにくい時期にも数珠る可能性が非常に高くなる。

 

2.疲れない

 

言わずもがなと言ったところだが、バイクは体力をほぼ消耗しないと言っていいだろう。

 

これにより、安定した稼働時間、稼働日数を確保することができる。

 

それはすなわち安定した報酬にも繋がると言えるだろう。

 

次に、バイクで稼働するデメリットについてお話ししていこう。

 

デメリットは以下の5つだ

 

  1. メンテナンス代が結構かかる
  2. 道を間違えると大変
  3. 交通違反
  4. 雨が大変
  5. 煽られやすい

 

順に解説していこう。

 

1 メンテナンス代が結構かかる

 

バイクは自転車より丈夫だが、走行距離が長くなる分やはり各パーツには負担がかかるため、定期的なメンテナンスは必須だ。

 

中でもガソリンはフルで稼働するなら1ヶ月でだいたい1万円前後は必ずかかってくる。

 

その他、オイル、部品交換なども含めたら20000円前後は毎月かかってきそうだ。

 

そのためバイクで稼働するなら最低でもこれを賄えるだけの稼働日数は確保しなければならなくなる。

 

 

2 道を間違えるとめんどくさい

 

自転車なら道を間違えたらどこでもUターンできるが、バイクはそうは行かない。

 

一本道を曲がり損ねたら大回りして戻ってこなければいけなかったりすることになり、大幅に時間をロスすることになる。

 

わかりにくい場所だったら何度も何度もそれを繰り返すことにもなりかねない。

 

3 交通違反

 

2に関連することだが、道を間違えた場所が実は一方通行で、それを警察に見つかろうものなら即違反となり罰金だ。

 

また、配達回数が増えるほど、二段回で曲がらなければならない場所の無視、一時停止無視、駐禁など、うっかりミスで取り締まられる可能性が増えてくる。

 

実際、私の知り合いはゴールド免許だったが、ウーバーイーツを始めて1年で免停となってしまった。

 

4 雨の日が大変

 

雨の日は自転車で稼働するのも大変だが、バイクで稼働するのもかなり危険だ。

 

湿った路面によるスリップもあれば、スリップした車に巻き込まれる危険性も十分にある。

 

また、これからの季節は雨に加えて猛烈な北風をモロに受けることになる。

 

自転車以上に体調管理に細心の注意が必要だ。

 

5 煽られやすい

 

メディアの情報戦略により、ウーバーイーツの社会的イメージは結構悪い。

 

そのため、ウーバーイーツを見つけようものなら後からガンガン煽ってくる車も珍しくない。

 

肉体的疲労は少ないが、精神的疲労は自転車より大きくなるかもしれない。

 

と言うことで、今回は車両をバイクに選択した場合のメリットとデメリットについてお話ししてみたがいかがだっただろうか。

 

バイクはリスクはあるものの、稼ぐならバイクが圧倒的有利と言えるだろう。

 

長い目で見るなら、最初は自転車で稼働して金を貯め、金が貯まったらバイクに乗り換えると言う方法もありだと思う。

 

色々試して、自分にあった方を選択しよう。

 

今日はここまで。

 

 

 

 

あなたに合う稼働方法はどれ?各車両のメリットとデメリットを大公開〜自転車編〜

 

ウーバーイーツ?あーあのでっかいバッグ背負った自転車の人たちね!

 

と認識している人はかなり多い。

 

だが、ウーバーイーツ=自転車

 

と言う考えは今やちょっと時代遅れだ。

 

今、ウーバーイーツで使われる車両は自転車のみならず、バイク、車は当たり前、最近では車両を使わない徒歩配達も始まった。

 

これだけ選択肢が増えると、ウーバーイーツをこれから始めようと考えている人は、何を使って稼働するのか迷うだろう。

 

そこで今回は、ウーバーイーツで使える車両のメリットとデメリットについて、配達回数8500回越えの現役配達員である私がお話ししてみたいと思う。

 

・各車両のメリットとデメリットがこれ!〜自転車編〜

 

まず、今回は車両の中でも自転車のメリットとデメリットについてお話ししよう。

 

自転車で稼働するメリットは以下の3つである。

 

  1. 小回りが効く
  2. 駐車に困らない
  3. 運動になる

 

順に説明していこう。

 

メリット1:小回りが効く

 

小回りが効くかどうかは稼働地域によっては死活問題だ。

 

私が稼働しているエリアは店が駅前の人通りが多い繁華街に密集しており、時間によっては車の侵入が許されない。

 

そのため、車やバイクで稼働している場合は遠くに止めて徒歩で料理を取りに行かなければならず、大幅に時間をロスすることになる。

 

また、配達に関しても車では入れないような道をショートカットとして使えるようになるため、とにかくストレスなく配達が可能になる。

 

 

メリット2:駐車に困らない

 

配達先に駐車場があるとは限らないが、自転車にはそんなことは一切関係ない。

 

ドロップ先の一番近い場所に自転車を止め、常に最短で荷物を届けることが可能だ。

 

メリット3:運動になる

 

自転車は膝に負担がかかりにくく、健康的に痩せられることで有名だ。

 

実際、ウーバーイーツの自転車勢の消費カロリーは凄まじく、

知り合いはウーバーイーツを始めてから3ヶ月で15kg痩せた。

 

痩せたいけどジムに行くのはちょっと・・・

と言う人は、金を稼ぎながら痩せると言うのもありだろう。

 

次に、自転車で稼働する場合のデメリットについてお話ししよう。

 

自転車で稼働するデメリットは以下の3つだ

 

1 雨の日が大変

2 疲れる

3 メンテナンスが必要

 

順に解説していこう

 

1 雨の日が大変

 

言うまでもなく、雨の日はずぶ濡れになる。

 

雨に日に自転車でウーバーイーツをやると言うことは濡れに行くと言うのと同義だ。

 

また、雨の日は路上が滑りやすいだけでなく、ブレーキも効きにくいためかなりの危険が伴うことになる。

 

更にこれからの季節は雨に加え寒さも加わることから、体調管理の面からもかなり厳しい稼働になることは覚悟しなければならない。

 

2 疲れる

 

はっきり言って自転車での稼働はマジで疲れる。

 

特に足の疲労は半端でない。

 

場合によっては、疲れた体を引きずりながら稼働しなければならないこともある。

 

自転車で稼働するのは、歳を食った人にかなり辛いものになることは言うまでもないだろう。

 

3 メンテナンスが必要

 

自転車は1日に何十キロも漕ぐことを想定して作られていない。

 

そのため、自転車で稼働する場合はチェーン、ブレーキ、タイヤの定期的なメンテナンスは必須だ。

 

私の場合、チェーンは3ヶ月に1回交換、ブレーキは1ヶ月に一回点検、タイヤはダメになったタイミング(3ヶ月程度)でそれぞれ交換している。

 

これは劣化する前に交換しているのではなく、全て劣化後の交換だ。

 

これを怠ると配達中に走行不能になったり、最悪事故に巻き込まれることもあり得る。

 

費用はだいたいそれぞれ1万程度だが、長く配達員をやるなら馬鹿にならない金額となる。

 

・まとめ

 

と言うことで、今回はウーバーイーツで選択する車両のメリット、デメリット自転車編をお送りしてみたがいかがだろうか。

 

ウーバーイーツ配達員は自転車で稼働している割合が圧倒的に多い。

 

だが、今回の内容で、自転車が必ずしも一番良い稼働方法ではないと言うことがお分かりいただけたのではないだろうか。

 

次回は、ウーバーイーツでバイクを使う際のメリットとデメリットについてお話ししていきたいと思う。

 

今日はここまで。

 

【Uber Eats】泣き寝入り不要!飲み物がこぼれていた場合にとるべき行動はこれ!

 

ウーバーイーツを利用する上で、飲み物系のトラブルは切っても切り離せない。

 

「タピオカが全てこぼれてるんですけど」

 

f:id:maato0721:20210621155148j:plain

 

こんな時、あなたはどうするだろうか?

 

ムカついてTwitterに投稿?

 

泣き寝入り?

 

どちらもする必要はない。

 

今日は、ウーバーイーツで注文した時に飲み物が全てこぼれていた場合の対処法について、配達回数8500回超えの現役配達員である私がご紹介しよう。

 

 

・飲み物がこぼれていたらどうする?

 

結論から言って、返金して貰えばいい。

 

返金の方法は注文アプリから「商品が破損していた」を選びフィードバックを送れば即時返金となる。

 

また、お詫びとして次回使える500円分のクーポン券も貰える。

 

まさに至れり尽くせりだ。

 

良く、「ウーバーイーツ頼んだらめっちゃこぼされてまじムカつく!」みたいなツイートを目にするが、ここまでしてもらえるのだからそんなに騒ぐほどのことでもない。

 

また、中には「なんかこぼれていたことを言うのは申し訳ないな。。。」と思ってしまう神のような客もいるようだが、遠慮は無用。

 

ちゃんと金を払って料理を買っているのだから、量が減っていたらきちんと申告し、返金をしてもらうべきである。

 

決して泣き寝入りなどするべきではない。

 

・どれくらいの量がこぼれていたら返金処理の対象?

 

結論から言って、「少しでもこぼれていたら」返金の対象だ。

 

私は飲み物を渡す際は必ずこぼれをチェックしている。

 

それでも「商品が破損していた」と言う低評価が付くことがある。

 

このことから、かなり少量のこぼれでも返金申請をしている客は間違いなくいて、実際に返金処理は行われていることも間違いない。

 

実際どれくらいこぼれているのか、こればかりは判断のしようがないが、利用者にはあくまでも常識の範囲内でこぼれについては判断して欲しいものである。。。

 

・セットの飲み物がこぼれていた場合は?

 

返金されると言っても、飲み物つきの料理(マックのセットなど)のドリンクがこぼれていた場合は注意が必要だ。

 

この場合、返金されるのは料理全ての料金ではなく、飲み物の料金だけとなる。

 

ただし、飲み物が料理にかかっており、料理が食べられない状態の時は全額が返金される。

 

・飲み物がこぼれていた時配達員が取るべき行動は?

 

飲み物がこぼれた際の配達員の対処法についても焦点を当てておこう。

 

飲み物がこぼれていた場合の対処法はこぼれ具合により異なる。

 

私の場合だが、

 

・少量

ティッシュで拭き取って普通に渡す

 

・中量

客に状態を見せて判断してもらう

 

・多量

配達画面の「!」を押して配達中止

 

こんな感じだ。

 

運営に連絡して判断を仰ぐ人がいるが、運営は注文者に確認してからこっちに折り返してきたりするので色々と時間がかかる。

 

こっちで配達をキャンセルしようと、運営でキャンセルしようと結局注文者には返金されるわけだから、そこの判断は自分でさっとしてしまって問題ない。

 

・店側のせいでこぼれていた場合は?

 

明らかに店側のせいで飲み物がこぼれていることがたまにある。

 

その場合、「仕方ない。俺が謝ろう」などと配達員が責任を被る必要は全くない。

 

早急に店に戻り、事情を説明して新しいものに変えてもらおう。

 

正直言ってこれは場合によってはクレーマー配達員としての烙印を押される危険性もあるかなりレベル高い対処の仕方だ。

 

いかに普段から「自分は絶対にこぼさない」と言うプライドを持って配達をしているかどうかが試される事例だ。

 

 

・飲み物を置くのは絶対に床

 

飲み物を頼んだ利用客のメモに「ドアノブにかけてください」と書いてあることがあるが、飲み物に関してはそれは全て無視すべきだ。

 

高い確率でこうなる。

 

www.j-cast.com

 

必ず直に床に置こう。

 

指示と違うことをすると低評価が付くのではないかと不安に感じることがあると思う。

 

この場合

 

「かけると落ちるので床に置きました。ご了承ください。」

 

と一言メモを送ってけば何の問題もない。

 

むしろ高評価が付くことさえある。

 

安心して欲しい。

 

 

 

今回はウーバーイーツで飲み物を頼んだ時にこぼれていた場合のあれこれについてお話ししたがいかがだっただろうか。

 

こぼれていないことが一番だが、こぼれていても注文者が大損することはないようになっている仕組みがウーバーイーツ最大の魅力だ。

 

これらを最大限活用し、よりウーバーイーツを楽しめるようになれたら幸いだ。

 

今日はここまで。

 

 

【Uber Eats】こぼしすぎ注意。ウーバーイーツ配達員直伝!飲み物の正しい運び方がこれだ!

ウーバーイーツ配達員をやっていると、溢れやすいものを運ぶことが多々あるのだが、その最たる例が飲み物だろう。

 

これからウーバーイーツ配達員をやろとしている人たちも

 

「飲み物がこぼれないか心配」

 

f:id:maato0721:20210802224830j:plain

 

なんて思っているかもしれない。

 

そこで今回は、配達回数8500回超えの現役配達員である私が、飲み物の運び方についてお話ししようと思う。

 

・飲み物はこぼれやすい?

 

まず、実際に飲み物はこぼれやすいのかどうかいう話だが、これはものによる。

 

8500回以上配達した経験上、タピオカ専門店、大手ファーストフート店は容器や梱包がしっかりしているため、よほど酷い運び方をしない限りはほぼこぼれない。

 

特に、タピオカ専門店のタピオカは特殊な機械で密閉して封をするため、逆さにしても溢れることはない。

 

安心して運んで運んで大丈夫だ。

 

逆に、めちゃくちゃこぼれやすいのは以下の2つだ。

 

1 ホット飲料

2 個人経営の店の飲み物

 

順に解説していこう。

 

1 ホット飲料

 

飲み物を運ぶ際に一番中身が溢れてくる箇所はストローの差し口や飲み口だ。

 

冷たい飲みものに関してはどの店もここをしっかり塞いであるのだが、ホットに関しては蒸気で中身が膨張して破裂するのを防ぐためそこを塞いでいない。

 

そのため、ちょっとの衝撃でそこから中身が溢れてくるのだ。

 

これに気づかず運んでいるとちょっとどころかとんでもない量の液体ががバッグの中で溢れていることもある。

 

2 個人経営の店の飲み物

 

こんなこと言うと申し訳ないが、個人経営のお店の飲み物はマジで溢れやすい。

 

溢れるメカニズムを理解していないからなのか、はたまた経費削減なのか知らないが、飲み口を一切塞がずに容器いっぱいいっぱいの状態で渡してくることはざらで、タピオカの容器にストローを差した状態で渡してくることもあった。

 

とにかく梱包が雑。

 

逆にこぼさないで運ぶことの方が難しい。

 

・飲み物をこぼさないように運ぶためのコツは?

 

そんな溢れやすい飲みものをこぼさないように運ぶためにはどのようにすべきなのだろうか。

 

私がやっている対策は以下の3つだ

 

1 隙間にものを詰める

2 仕切りで三角形にする

3 手持ちで運ぶ

 

順に解説していこう。

 

1 隙間にものを詰める

 

ウバッグに飲み物を入れただけでは空間ができてしまうため、飲み物は溢れやすくなる。

 

そのため、その隙間にタオルや断熱材などを詰め込んで隙間を埋めて飲み物を固定しよう。

 

一見雑に聞こえるこの対策だが、効果はマジで抜群だ。

 

 

 

2  仕切りで三角形にする

 

ウバッグにはこのような仕切りがついている。

 

f:id:maato0721:20211111162432j:plain

 

これをこのように角に貼り付けて三角形の隙間を作り、そこの飲み物を入れる。

 

f:id:maato0721:20211111162443j:plain

 

このマジックテープはかなり強力なため、ちょっとやそっとでは動くことはない。

 

普通に運ぶ分には大丈夫だが、倒したら溢れる系の飲み物(ロッテリアなど)はこの方法がベストだ。

 

3 手持ちで運ぶ

 

先ほど溢れやすいと言ったものは1、2の方法で運んでも高い確率で溢れる。

 

その場合は手持ちだ。

 

「ホットが冷めちゃうじゃん」

 

とか

 

「雨に濡れる」

 

とか言う人がいそうだが、そんなのは関係ない。

 

雨に濡れたら拭けば良いし、冷めたら温め直せばいい。

 

それ以上に我々はこぼさないことを最重要任務とすべきだと思っている。

 

・不測の事態で溢れることもある

 

これは飲みもの以外でも言えることだが、どんなに注意しても不測の事態で溢れることはある。

 

例えば、容器の蓋がちゃんとしまっていなかったとか、ホットの蓋が水蒸気で開いてしまったとか。

 

 

wonderfuluberlife.hegechabin69.com

 

 

それはもはや仕方がないことだ。

 

その時は速やかに配達画面左下の赤い「!」をタップし、「商品が破損した」を選択して配達を中止しよう。

 

ちなみに、これをやってしまっても報酬はもらえるし、クエストも回数しっかり減る。

 

後になりにくくなるなどのペナルティーもないのでご心配なく。

 

・まとめ

 

今回はウーバーイーツ稼働中の飲み物の運び方について色々お話ししたがいかがだっただろうか。

 

飲み物を運ぶのは正直面倒だが、コツさえ掴んでしまえばなんてことはない。

 

料理だけでなく、飲み物も完璧に運び、優良配達員を目指していこう。

 

今日はここまで。